So-net無料ブログ作成
検索選択

「敲く」と「叩く」 [石器作り用語]

些細なことだが、文書で使う「漢字」で悩むことがある。その一つが「たたく」である。パソコンで、「いしをたたく」と入力すると「石を敲く」と「石を叩く」が現れ、どちらを選べばよいか良くわからない。手元の辞書には納得できる説明がなく、図書館に行き、「字通」を開き解説文からヒントを得て、「敲く」を用いることに決めた。

「敲」の読みは<こう・うつ・たたく>。漢字のもつ意味は、①うつ、たたく、よこざまにたたく、屍骨をうつ呪法をいう。②たたく音、中空のものを打つ音。③たたく、むち、しもと。
熟語として、①敲門<こうもん>門をたたく。②敲金<こうきん>高音。敲吟<推敲する。④敲撃<こうげき>うつ。⑤敲砕<こうさい>砕く。⑥敲殺<こうさつ>撲殺する。⑦敲矢<こうし>嚆矢<かぶらや>⑧敲詩<こうし>詩謎。⑨敲推<こうすい>推敲する。⑩敲石<こうせき>火打ち石。⑪敲折<こうせつ>たたきおる。⑫敲打<こうだ>うつ⑬敲訂<こうてい>推敲する。⑭敲平<こうへい>敲某(意味不明?)⑮敲榜<こうぼう>むち。⑯敲朴<こうぼく>むち。⑰敲拉<こうろう>うちくだく。

「叩」の読みは、<こう・たたく> 漢字のもつ意味は、①頭をうつ、ぬかずく、たたく。②とう、たずねる。③控と通じ、ひかえる。熟語として、①叩轅<こうえん>車のながえをたたく。 ②叩関<こうかん>関門をたたく。③叩舷<こうげん>船端をたたいて拍子をとる。④叩心<こうしん>胸をたたいて嘆く。⑤叩喪<こうそう>弔い拝する。⑥叩頭<こうとう>降伏の礼。⑦叩門<こうもん>門をたたく。人を訪う。

「敲」に決めた理由  「字通」の説明文を自分流に解釈すると、「敲」は、物を壊す事を目的とする場合や、物が壊れてもよいとするような場合に使われ、上記の熟語の中で、石器の加工や土器の素地作りの工程に使用できる熟語として、⑤敲砕<こうさい>くだく。⑪敲折<こうせつ>たたきおる。⑫敲打<こうだ>うつ。⑰敲拉<こうろう>うちくだく。がある。また、石の種類として、⑩敲石<こうせき>火打ち石。がある。
一方、「叩」は、人の心のように、姿かたちが無い場合や、形を変えることを目的としない場合に使われており、加工に関係する熟語はない。

下の2枚は、サヌカイトをたたいている写真である。上の写真のように、鹿の角でたたいて石器を作ろうとする場合、つまり、姿を変えたい場合は、「敲」を用い、下の写真のように、木製のハンマーでたたいて、音を聞くような場合は「叩」のほうが良いと考えた。
DSC02237 (800x600).jpg
DSC02231 (800x600).jpg

以上は、「字通」の説明文から都合の良い部分を抜粋したものであり、原文を一読されることを、望みます。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。